Rainbow College(レインボーカレッジ)は、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー/セクシュアル(LGBT)などのセクシュアルマイノリティーズが、より良い学生生活を送るために、どうしたらよいかを共に考え、行動するためのインカレネットワークです

Rainbow College Rainbow Collegeについて リンク集 メンバー募集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RC的TLGP2006レポート

20060812.jpg
 去る2006年8月12日(土)は、東京レズビアン&ゲイパレード2006(以下TLGP2006)でした。
 今年は大雨による交通機関のストップというハプニングがあったにもかかわらず、約3800人もの人が集結し、それぞれの思いをプラカードや衣裳に託し、代々木公園から渋谷、原宿と続くコースを練り歩きました。
 私たちRainbow Collegeは学生同士のネットワークとして参加し、先頭フロートであるパレード先導車と、一部撮影禁止フロート、ボランティアスタッフとしての参加も含め、約40人が大行進!

 掲げられたプラカードも「性的少数者を教科書に」「No moreホモ狩り」など、社会的なメッセージから「ゲイに生まれて幸せです」「人生いろいろ、性もいろいろ」など、僕たち自身のセクシュアリティへのアイデンティティを表現するものまで、多種多様なメッセージが見られました。それ以外にも、学ランや幼い小学生のコスプレなどをしている人もいて、みんながそれぞれに”セクシュアルマイノリティのヴィジビリティ(可視性)を上げ、社会の一員としての存在感をアピールする”というテーマのために思い思いの表現方法で自由に歩いている姿は本当に感動的で、あの行進をしている最中、幼少期や思春期の頃、自分が自分らしくあることさえ後ろめたさを感じ、セクシャリティのことで悩み苦しんでいることを誰にも相談できなかった時代を思い出し、目頭が熱くなってしまっていたのはきっと僕だけではないでしょう。
 こうしたイベントは普段ではありえないくらいの数のセクシュアルマイノリティやその問題に興味を持っている人に触れ合える機会です。インターネットの普及も相まってか、セクシュアルマイノリティ同士の人間関係はバーチャルな世界に頼りがちな感じがしていましたが、近年こうしたパレードが開けるようになり、まずは僕たちセクシュアルマイノリティ自身が「コミュニティ」という存在を体感することができたと思います。
 インターネットの普及という点においては、僕たちRainbow Collegeの世代は恐らくその恩恵を一番受けている世代でしょう。最近ではソーシャルネットワーキングサイトのブームなどにより、ブログや自分のホームページで顔を出して、セクシュアリティを公言している人も少なくありません。しかしそれは必ずしも「セクシュアルマイノリティのコミュニティ力が強くなった」ということには直結していないと思います。最初から個人対個人の関係が容易に手に入るようになったことと引き換えに、自分とは違う世代の人、違った趣味や考え方を持った人と関わる必要性も薄れてきてしまったように思います。その結果、「コミュニティ」という概念や、自分とは違った世代や属性のセクシュアルマイノリティの仲間が見えずらくなっている側面も持っていると思います。そういった現状に対して今回のパレードは、小島状態の様々なコミュニティや個人が一挙に集まる場所として機能し、バーチャルではないリアルな存在としてのセクシュアルマイノリティ当事者やそれに関心を持っている人々を可視化する役割を果たしていると思います。こうしたイベントは、ネット世代である私たちにとって、ゲイコミュニティと言う場所がネット上や新宿二丁目といった限定された場所のみのものではなく、日常的な学生生活と同じ文脈の上にあるものであるということを体感させてくれるイベントだと思います。TLGPを継続的に続け、こうした感覚を体感する人が増えることによって、コミュニティ同士は更に情報や知識の共有が盛んになると思います。
 パレード終了後は場所を早稲田に移し、Rainbow College交流会が開かれました。多少メンバーの交代はあったものの、交流会も約40人参加と、とても活気のある会となりました。パレードで初めてこういったイベントに参加した人や、もう何度もパレードを歩いたことのある人など、経験や年齢の差も感じることなく、楽しく交流を深めることができました。
 今回、Rainbow Collegeとしてパレードを歩いたことで、学生同士のコミュニティ力や存在感をアピールすると同時に、一般的にこうした社会的イベントへの関心が薄いと言われている若い世代のセクシュアルマイノリティにも積極的に参加を推進していきたいと思いました。その足がかりの一つとして、僕たちRainbow Collegeも選択肢の一つになれるよう、今後も活動を活発にしていきたいと思います。
(文責 東洋大学社会学部4年 えいじ)
スポンサーサイト
  1. 2006/10/23(月) 22:30:00|
  2. Column
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://rainbowcollege.blog68.fc2.com/tb.php/10-3786422c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。